パステルドリーミングアート~パステル学校ブログ~ キレイな色を使えば。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレイな色を使えば。


blog_import_4fd99626a4036.gifこんにちは!りっちゃんです。
今日はワークショップのちょっとしたひみつを。

はじめてワークショップに参加してくださった方が
よく言われるのが「色がキレイ」ということです。

言い方は様々で

「きれ~い♪」
「いいです、いいです、この色、好きっ」
「うわぁ~」
「(満足気に)……うん」

などなど、みなさんそれぞれのリアクションをしてくださるのですが、
この「色のキレイさ」が、描くたのしみをUPしているのは
間違いないところだと思います。

blog_import_4fd99c85c1918.gifパステルドリーミングアートでは、どの図案も
「色をキレイにたのしめる」よう構成しています。

ここで重要なのは、
「キレイな色を使えば、キレイな色の絵になるわけではない」ということです。

そう、ここにノウハウがあるのですね。

この点は、料理でいうところの
「おいしい素材を使ったからと言って、おいしい料理ができるとは限らない」
という感覚に近いものがあると思います。

blog_import_4fd993c46ec5d.gif「どんなみそでも、お湯に入れれば、みそ汁だから!」

……意味的にはあっているかもしれないけれど、
それより、やっぱり「おいしいみそ汁」のほうが
きっとたのしくなれるし、いい気分になれるんじゃないかな?

わたしたちのワークショップの根底には
こんな考え方があります。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。