パステルドリーミングアート~パステル学校ブログ~ 夢をかなえることについて、いくつかのこと
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢をかなえることについて、いくつかのこと


ri628c.gifこんにちは、りょーたさんです。

「読書が好きです」という人がいて、
何を読んでいるのか聞いてみると
「あなたはそのままでいいんだよ」的な本ばかりだとか
自己啓発書ばかりだとかいうことがある。

そういう本は、そのときの気分や状況によって、
自分を勇気づけてくれたり、よい言葉に出会えたり、
前を向くきっかけになったりと、いいこともいっぱいある。

だけど、そういう本を読んでいますと言う人の中で
わりと高確率で出会うのが、
「本の言葉をそのまま言うだけ」の人。

よくあるのは
「願えば叶うんです!(自分は叶っていないのに)」とか。

僕はいつも思うのですね。
「自分ができてから言えよ!」と(笑)。

☆       ☆         ☆

たしかに「願えば叶う」って思いたいし、
すべてがそういうものであったらステキだと思う。

だけど、「信じたい」「そうあってほしい」というのと
「実際に叶えた」ってのでは、とんでもない差がある。

このことは絶対にはずしてはいけない部分だと思っていて。

上に挙げたような人に会うと、
なんというか、言い方が難しいんだけど
自分のことを棚にあげて、
自己啓発書に書いてあるから真実!みんなできる!」と
吹いちゃうというのかな、そういう感覚を受けることがある。

☆       ☆         ☆

実際に夢を叶えた人は、確かに「願った」のかもしれない。
でも、願うだけ、だったのかな?
また、願った人はもれなく叶ってきたのかな?

☆       ☆         ☆

自分の話で言えば、舞台をやっていた頃、
僕よりはるかに努力していた人、人生をかけてやっていた人で
叶わなかった人、すさまじい数見てきたよ?

その努力の期間だって、1年とか2年じゃないよ。
小さい頃からずーっと夢持って頑張っている人もいたし、
10年、20年努力し続けてきた人だっていっぱいいたよ。

夢の過程って、期間の話じゃないけど、
まだ叶えてもいない人が「夢は叶うんです」なんて
本で読んで見つけた「それっぽい言葉」で語っちゃったり
断言しちゃったりするのは、なんだかなあと思ってしまう。

☆       ☆         ☆

「願えば叶う」
「笑顔はすべてを可能にする」

上に挙げたのはあくまで一例だけど、こうした「いいことっぽいこと」を、
やってもいない人が無責任に言っちゃう、
広めちゃうのは怖いなってずっと思ってる。

もしかしたら、「いいことを伝えたい」って思いがあるかもしれないけれど
だったら、なおさら無責任に言っちゃったらいけないんじゃないかと思う。

少なくとも、自分がやってみてそれで結果を出してから伝える。
そのほうが、いいことが「ちゃんと伝わる」んじゃないかな?

借り物の言葉じゃなくて、あなたの本当の言葉で伝わるんじゃないかな?

☆       ☆         ☆

言葉というのは。

信じる人がいる。信じたい人がいる。信じこむ人がいる。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。