パステルドリーミングアート~パステル学校ブログ~ 古いもの・新しいもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いもの・新しいもの


ri628c.gifこんにちは、りょーたさんです。

古いものについて。

たとえば3年前。
たとえば5年前。
もっと前でももちろんOKです。

今、その頃に好きだった絵を見てみると
「絵柄が古いなあ」と思うものがあったりします。

逆に、今見ても全然古くないものもあったりします。

☆      ☆      ☆

では、新しいものは。

そのときの流行に乗ったものは、
最も古くなりやすいものと言われます。

次の流れが来たら、そっちが新しくなるわけですから、
それまでの流行は「もう古いよ」となってしまうわけです。

携帯電話を例にとるとわかりやすいでしょうか。

春に最新の機種を買った人がいたとして、
夏になっても冬になっても
「これ最新なの~、いいでしょ~」なんて言ってたら
ちょっと恥ずかしい(笑)。

だけど、新しいものはここからが難しいところで、
「最新の機種が本当にいいかどうかは分からない」
という部分があります。

☆      ☆      ☆

携帯電話の場合、最新のものがどれだけ進化していようと

「前の機種のほうが使いやすかった」
「前のバージョンのほうが好きだった」
「前のほうが、絵文字かわいかったのに……」

なんてことがあったりします(笑)。

だからといって、
そういう人はみんな不満いっぱいかというと
「でも、最新だからいいよねっ」という人もいたりします(笑)。

そう、難しいのです(笑)。

☆      ☆      ☆

思うのは、何かが流行っている場合、
その時点では「何を追っている」流行(または最新)なのかが
見えにくいのではないかということです。

時代の空気にあおられて、なんだか「いいような気がしてしまう」。
それが、その流行が終わりかけるまで続いていく。


では、どうするか。
ここがおそらく個々の感覚の出しどころではないかと思います。

☆      ☆      ☆

僕は、こうしたことを考えるのも
作品をつくっていくにあたって
大切なことではないかと思っています。

このお話、次回に続きます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。